手指アルコール消毒はパーよりグーで!

手指アルコール消毒はパーよりグーで!

 

イエロー
レッド!みんな! 先週のニュースだけどこんな記事を見つけたよ。
アルコールなら任せろ 酒造各社が「消毒液」製造に名乗り
新型コロナウイルスの感染拡大による医療機関での消毒液不足解消に、酒造各社が名乗りを上げている。

…だってさ。
これもアンチエイジングと何かしら関係あるかな?
レッド
レッド
もちろんあるさ!
健康に関わることならだいたい何でもアンチエイジングにも関わる!
ピンク
ピンク
このあいだの「コロナとマスクとアンチエイジング」の話のように、ちょっと無理がある気がしなくもないけど…
グリーン
グリーン
いや、感染症は体に何かしらダメージを与える。
…と考えれば、その予防のための消毒にしても、アンチエイジングとまったく関係ないとは言えないぞ。
ブルー
ブルー
その通りだ、グリーン。
だが、飲食店やスーパーなどの店頭・店内に置かれている消毒用アルコール(エタノール)や自前の「マイ」アルコールを使う場合でも、中途半端にしか使っていない人も多い

最近のコロナウイルス報道でも知られるようになったアメリカの「CDC」、米国疾病予防管理センターでは手指のアルコール消毒に関してもいろいろ情報発信をしている。

実はその中に、手のアルコール消毒の際にもっとも見落としがちな部分に関する情報もあるんだ。
レッド
レッド
ほ、本当か、ブルー?! その「部分」とは…?
イエロー
イエロー
「大事な部分、忘れたくない部分、忘れちゃダメな部分。何だ、何だ、何だ… 君の…名前はー」
ピンク
ピンク
イエロー、お黙りッ!

コロナとマスクとアンチエイジング

手指アルコール消毒はパーよりグーで!

 

ブルー
ブルー
それは、親指、指先、そして指と指の間だ。
 ●Hand Hygiene in Healthcare Settings
(CDC/米国疾病予防管理センター)
イエロー
イエロー
あららっ?! それだけの話?
ブルー
ブルー
いや、「それだけ」と言うほど小さな話でもない。
アルコールは揮発性が高いので、気をつけないとジェルタイプでもウイルスを除去する前に蒸発してしまう可能性がある。

アルコールによる消毒に関しては世界中でたくさんの論文が公表されているのだが、ほとんどの研究は医療現場での調査や実験にもとづくもの
それも、アルコールの使用時間が30秒前後という長めの場合が多い

ちなみにこのCDCのウェブページは、画像に英文で「by healthcare providers」とある通り、医療従事者向けの注意喚起情報。
つまり、医療従事者の場合でも、手のひらや人差し指から小指までの「指の腹」部分のアルコール消毒は念入りにやっているとしても、親指や指先、指の間は十分なアルコール消毒ができていない場合があるということだ。

もちろん、一般の人は本来、医療従事者ほどシビアな手指の衛生管理は必要ない。
ただ、このあいだのマスクの話も同じだが、今回のコロナウイルス問題のような状況下で、せっかくアルコールやマスクを使うのであれば、最大限の効果を得られるような使い方をしないともったいないと思わないか?
グリーン
グリーン
それは確かにそうだ。
ということは、手にアルコールをスプレーしたりジェルをつけたら、しばらくジャンケンのグーの状態で指を小刻みに、揉むように動かすと良いんじゃないか?
そうすれば手のひらの中でアルコールも少しは長持ちするし。
イエロー
イエロー
なるほど!それなら親指を内側に折り込んだ「グー」の形にするともっと良いんじゃないか?
ブルー
ブルー
そう、そういうのも一案だ。
ジャンケンの場合と違い、手指消毒に関しては「グーはパーより強し」だが。
ただ、アルコール消毒は手荒れの原因にもなる
ピンク
ピンク
そう、水とセッケンで手を洗うだけでも敏感肌だと手荒れしちゃうわ。
レッド
レッド
ということはつまり、アルコール消毒や手洗いを小まめにする必要がある期間は、スキンケアも念入りにする必要があるということだ。

ほら、アンチエイジングとも無縁な話ではないだろう。
ブルー
ブルー
おっと、最後にもう2つ。
アルコール(エタノール)の消毒効果が一番高いのは濃度70~80%程度とされていて、「消毒用エタノール 」と呼ばれるカテゴリーの場合、濃度が76.9~81.4 vol%となっている。「vol%」はアルコール濃度の単位だ。

手指の消毒用として販売されているものであれば適正な濃度になっているのでむやみに薄めたりしないことだ。

もう一つは、CDCでは「目に見える汚れや油汚れ」がある場合は、先に石鹸で手を洗うことを奨励している。

石鹸にはいろいろなタイプがあるが、基本的にはアルコールのような消毒効果はない。
目に見える汚れとともにウイルスをできるだけ洗い流してからアルコール消毒をするというのが、その効果を最大化する方法だ。
レッド
レッド
ありがとう、ブルー。とても参考になった。
ところで、このところ天気が良くて日差しの強い日が続いている。
次回は紫外線や日焼け、そして「光老化」について作戦会議をしよう。
みんな
みんな
レッド、了解!

紫外線は5月が一番強い?! エイジングケアはどうする?【前編】

【決定版!】アンチエイジングの基本要素とは… 3+2+1=6要素!