え、日焼け止めの「SPF」値は、UV対策効果の持続時間と関係ない?!

え、日焼け止めの「SPF」値は、UV対策効果の持続時間と関係ない?!

 

イエロー
レッド、みんな、聞いてくれ!
このあいだの紫外線対策会議では話が出なかったけど、なんか日焼け止めのサンスクリーン剤に関連して、「SPF」という暗号が重要だって聞いたよ。
レッド
確かに…
SPFについても協議しておくべきだった。
ブルー
ブルー
ふむ…
SPFについて話をするのならPAについても話さないといけないな。
グリーン
グリーン
イエロー、一応説明しておくと、SPFというのはUVBに対する防御効果を表す数値で、PAはUVAに対する防御効果の数値だ。
イエロー
イエロー
なるほど!
一度に両方やると頭が混乱しそうだから、まずはSPFの話をしてくれるかな?
ピンク
ピンク
賛成! PAの話は次回にしましょ。
このあいだのおさらいもしておいた方が良いわね。

紫外線は5月が一番強い?! エイジングケアはどうする?【前編】

「SPF」とは…

 
グリーン
グリーン
まず、さっきも言った通り、SPFは主にはUVBに対する防御効果を表す数値だ。
その数値が大きいほど防御効果は高い。

ただ、この数値がそのまま効果の持続時間を表していると誤解されることがよくあるので注意が必要だ。

たとえば「SPF30」のサンスクリーン剤の場合、防御効果が30時間続くという意味ではなくて、紫外線浴び始めてから日焼けが始まるまでの時間を、サンスクリーン剤を使わなかった時と比べて30倍遅らせることができるかという数字だ。

ブルー
ブルー
おっと、グリーン、その説明は少し紛らわしいな。
あとで少し補足説明をさせてくれ。
グリーン
グリーン
了解、ブルー。
一応言っておくと、日本皮膚科学会の「皮膚科Q&A」というサイトにも、SPFについてこう書かれているんだけどね。

サンスクリーン剤の性能は以前よりSPFという値が用いられています。これはSun Protection Factorの略で、UVBに対する防御効果を表しています。UVB照射により翌日生じる赤みを指標にして検定します。普通、夏の海岸で20分間日光に当たると、翌日赤みが出ますが、例えばSPF30の製品を規定量つけた場合、20×30=600分=10時間、日光に当たって、始めて翌日赤みが出るということになります。なお、SPFは数字が50以上になると、その性能に余り差がなくなり、実際的な意味を持たなくなるので、最近ではSPF50以上の場合、製品には単にSPF50+と表示するようになりました。

出典:皮膚科Q&A「日焼け Q12 サンスクリーン剤の性能表示」(日本皮膚科学会)

 
ブルー
ブルー
なるほど、確かにそのような説明をしている医師や学会、化粧品メーカーは多い。
必ずしも間違いとは言えないのだが、紛らわしいことは事実だ。
そして、海外ではその紛らわしさを避けるような説明をすることが多いんだ。
グリーン
グリーン
なるほど、そこはブルーに説明してもらわないとわからないな…

ところで余談だが、この「皮膚科Q&A」というサイトはみんな時間のある時にチェックしてみてくれ。

日本皮膚科学会が運営しているだけあって、皮膚の病気や症状について幅広くカバーしているし、説明もとても分かりやすい。

よし、ブルー、話の続きをよろしく。

でも、効果の持続時間と関係ない?!

 
ブルー
ブルー
まず、さっきグリーンが紹介した「皮膚科Q&A」サイトにある説明だが、「仮にそのサンスクリーン剤が10時間、その本来の効力をまったく失うことなく、汗などで流れ落ちることもない場合に」というような前提条件も添えれば、「便宜上の」説明方法としては良いだろう。

ただ、実際にサンスクリーン剤を塗って太陽光を浴びるような屋外で使っていたら、汗で流れ落ちたり、着ている服で拭き取られたり…
ピンク
ピンク
つまり、サンスクリーン剤を塗ったあとの過ごし方にもよるということね。
「理論的には」10時間、効力が持続するというのなら良いかしら。
ブルー
ブルー
まぁ、その方が紛らわしさは減るが、「塗ったあと」の過ごし方だけでなく、塗り方にも左右される
このあいだグリーンが、UV対策先進国オーストラリアの例を紹介してくれたが…

紫外線対策は子どもの時から! 頼りになるのは…

…そのオーストラリアのある政府機関サイトではこういう情報を掲載している。

The purpose of using sunscreens is to reduce UVR exposure, not to extend the time spent outside in the sun. Sunscreen should be reapplied every two hours, whether the label says to or not. This is because sunscreen can be easily wiped off, lost through perspiration and is often applied unevenly in the first place. 

サンスクリーン剤を使用する目的は、紫外線曝露(UVR)を減らすことであり、太陽の下で過ごせる時間を延長することではありません。製品ラベル上の記載の有無にかかわらず、サンスクリーン剤は2時間ごとに塗り直す必要があります。 サンスクリーン剤は簡単に拭き取られたり、汗によって流れてしまう可能性があるだけでなく、そもそも最初に塗る段階で不均一に塗布されることが多いことがその理由です。 

出典:「Sun protection using sunscreens」(ARPANSA/オーストラリア放射線防護・原子力安全庁)

 
ブルー
ブルー
これはどちらかというとマイルドな説明だが、アメリカ食品医薬品局(FDA)はもっとストレートにこう言っている。

There is a popular misconception that SPF relates to time of solar exposure. For example, many people believe that, if they normally get sunburned in one hour, then an SPF 15 sunscreen allows them to stay in the sun for 15 hours (e.g., 15 times longer) without getting sunburn. This is not true because SPF is not directly related to time of solar exposure but to amount of solar exposure. 

”SPFが日照曝露時間(太陽光を浴びる時間の長さ)に関連しているという一般的な誤解があります。 たとえば多くの人は、通常(サンスクリーン剤などを塗らない状態で)1時間で日焼けする場合、SPF 15のサンスクリーン剤を使用すると、15時間(つまり15倍長い間)日焼けせずに太陽光の下に留まることができると信じています。 これは誤りです。なぜならば、SPFが直接関連しているのは日照曝露時間ではなく日照曝露量(太陽光を浴びる量)に関係しているからです。

出典:「Sunscreen: How to Help Protect Your Skin from the Sun」(FDA/アメリカ食品医薬品局)

 
グリーン
グリーン
なるほど、ブルー、これは知らなかった!
でも不思議なのは、SPFの基準はもしかして世界共通ではないのかな?
ブルー
ブルー
良い質問だ、グリーン。
実は紫外線の防御効果を測定する方法は世界共通なのだが、その測定結果をどのように使って消費者向けに表示したり説明したりするかは国によってマチマチなんだ。

日本ではSPFの効果を昔から便宜上、持続時間に置き換えて説明する慣習があったので、今でもそれが一般的な説明として使われているんだ。

ただ、日本の場合、数式まで持ち出してサンスクリーン剤のSPF値が高ければ効果がより長い時間持続するという話をする一方で、効果を得るためには小まめに塗り直そうと呼びかけるので混乱を招いている面もある。
「長時間もつタイプだから大丈夫!」と油断するのが一般的な消費者心理だからな。


ちなみにさっき話が出た「PA」の方は、グリーンも知っての通り、「PA+」から「 PA++++」に分類してUVAの防御効果を表すのだが、これはもともと日本独自の基準だ。
グリーン
グリーン
なるほど、ブルー、そういうことか。
ありがとう!

ところで、さっき引用してくれたオーストラリア政府機関のページにはSPFと紫外線防御率の表が掲載されているね。
これは参考になるので黒板に書いておこうか。

 
ピンク
ピンク
ふ~ん…
SPFは15とか30でも90%以上はカットできているし、SPF50なら98%も。
でも、塗り方や使い方によっては、こまめな塗り直しが必要ということね。
ブルー
ブルー
そう、ピンク、その通りだ。
ちなみに通常は2~3時間ごとに塗り直すことが必要とされているんだ。

そう考えてみると、サンスクリーン剤だけで対策の効果を上げようとするよりも、直射日光を避けるための日傘や帽子、衣類、そして直射日光を避けるような行動との組み合わせで最大限の効果を狙う方が確実だろう。
レッド
レッド
ブルー、今回もいろいろ役に立つ情報をありがとう!
みんな、次回はPAについて話そう。
4人
みんな
レッド、了解!

日焼け止めの「PA」とは…

【決定版!】アンチエイジングの基本要素とは… 3+2+1=6要素!